PAGE TOP

・隙間隠しについて

モニターをげーむぼっちの中に設置すると、本体とモニターの間に隙間ができます。モニターの機種によってサイズがまちまちですので、隙間隠しはご自身で作成していただく必要があります。
そこで、隙間隠し制作を支援する図面メーカーを用意いたしました。

・作成手順

まず、モニターの縦と横の長さをミリメートル単位で測ります。
ワイド画面の場合は、縦の長さのみ計測します。


そして、げーむぼっち天板の下端からモニターまでの深さを測ります。


採寸が出来たら、以下の図面メーカーに計測した値を入力します。
ワイド画面の場合は、横の長さを縦の3分の4倍にすると、スクエア型モニターと同等のサイズになります。


発泡スチロールパネルや厚紙・プラ板など、加工しやすくて型くずれしない程度の強度の素材で、図面の寸法で4枚の部品を切り出します。


細い部品と太い部品を交互に並べ、斜めの辺をテープで接続します。


テープを折り曲げて部品を立たせて、最後の1辺をテープで留めれば完成です。


ワイド型モニターに乗せる際は、左右がはみ出す形になります。